爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

伝統演芸の落語名人による古典落語、1960年代から1990年代における、伝説の漫才師、漫談、コントの爆笑の映像を集めました。

 

桂米朝について

 

2012年8月、数え年で米寿を記念してサンケイホールブリーゼで「米寿記念 米朝展」を開催。会では石黒浩が制作した米朝アンドロイドロボットが公開された。語り口調は端正で上品。容姿も端麗で人気を博す。多くの弟子を育て、長男の5代目桂米團治もその一人。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

桂米朝について

 

2007年は芸能生活60周年(米團治に入門してから数えて)であり桂米朝を祝う会なども行われ、退院以来のトリで落語「将棋小噺」を披露した。2009年3月、医師から脳梗塞と診断され入院し、7月27日にも脳幹梗塞と診断され入院したが、いずれも軽度で済み、早期に活動復帰している。同年11月3日、演芸人として史上初の文化勲章受章者となった。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

桂米朝について

 

一言に東奔西走といっても、地方においては昭和40年代(1965年 - 1974年)であってもなお、落語に対する理解は低く、米朝が高座に上がって落語を始めても、客からは「何を一人で喋ってるんだ? 遊んでないで早く落語を始めろ!」と野次が飛んでくる有様だった。地方ではテレビの『笑点』でやっている大喜利が落語であると、その程度の認識であり、その苦労は並大抵のものではなかったのである。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

桂米朝について

 

戎橋松竹で初舞台後、長年千土地興行(後の日本ドリーム観光)に所属し、千日劇場を本拠に道頓堀角座やうめだ花月に出演したが、1968年3月以降はフリーとなり、ホール落語、独演会、一門会を中心に活動するようになる。1974年、千土地時代の担当マネージャーを社長に据え芸能事務所米朝事務所を設立。現在一門の多くがここに所属する。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

桂米朝について

 

師・正岡の「いまや伝統ある上方落語は消滅の危機にある。復興に貴公の生命をかけろ」との言葉を受け、本格的に落語家を志すようになり、1947年9月に会社勤めをしながら米團治に入門。3代目桂米朝を名乗る。一旦勤めを辞め米團治宅の内弟子となるものの親戚から叱責を受け、姫路市内の郵便局員として1年ほど勤務した。その後、師・米團治の死に遭い、落語のみに精進する事を決意する。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

桂米朝について

 

1944年2月の応召直後病に倒れ、病院で終戦を迎えた。この頃、橘ノ圓都が慰問で病院に訪れ出会うことになる。大学には復学せず、神戸市で会社員となり一介の落語愛好家として落語会や素人落語の上演会を主催するなど、上方落語復興に力を入れていたが、矢倉が3代目桂米之助となったことが縁で後に師匠となる4代目桂米團治に教えを請う機会が生じた。この時に「高津の富」を教わる。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

桂米朝について

 

1996年、落語界から2人目の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、2009年に演芸界初の文化勲章受章者となる。1979年には帝塚山学院大学の非常勤講師。1925年、関東州大連普蘭店(現中華人民共和国遼寧省大連市普蘭店市)に生まれた。4歳の頃に奉天(現瀋陽)ヘ転居。1930年に、祖父の死去に伴い、父が神社(九所御霊天神社)の神主を継ぐため一家で姫路へ帰国した。米朝自身も上京前に周囲の勧めもあり、神主の仮免状を取得している。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

立川談志について

 

手塚治虫の熱烈なファンで、手塚本人との親交も深く、アニメ映画『ジャングル大帝』に声優として参加した。また、ブラック・ジャックの文庫本にもメッセージを寄せている。1992年、瀬戸内海のサメが人を襲う事件があり、当時、明治大学替え玉受験疑惑で芸能活動謹慎中であった、なべおさみと「シャークハンター必殺隊」を結成、現地入りし、現地の人たちから罵声を浴びた。このように本気か冗談かわからない突飛な活動を好む傾向がある。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

立川談志について

 

談志の政治的ポリシーは強硬な保守系であり、在任中は特に共産党議員への野次に力を入れていた事により、共産党支持者の8代目林家正蔵と、談志の野次を聞きつけては喧嘩をしていた模様。政界を退いた後も自民党を中心とする保守系政治家との親交が深い。保守系議員の選挙応援などにもしばしば動いている。その反面、元社会党衆議院・参議院議員上田哲の選挙応援にも出たこともある。談志曰く「議会には反対派も必要だ」というが、政治レベル以外での個人的な交友関係とも思われ、上田も立川流の高座に上がったこともあるほか、談志・西丸震哉と「老人党東京」を旗揚げしている。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

立川談志について

 

三木内閣時代の1975年12月、沖縄開発庁政務次官に就任するが、就任時の会見で議員の選挙資金について「子供の面倒を親分が見るのは当然」と発言したことが問題化。政務次官初仕事である沖縄海洋博視察では二日酔いのまま記者会見に臨み、地元沖縄メディアの記者から「あなたは公務と酒とどちらが大切なんだ」と咎めら、これに対して「酒に決まってんだろ」と言ったことがさらに問題となる。弁明を行うはずの決算委員会を寄席を理由に欠席するに至って、自民党内部からも反発が起こり辞任。在任期間はわずか36日であった。談志自身は、議員になったのは兼職をしてもいいと言われたからであり、自分は大衆との接点を持ち続けるのが信条だとして自民党を離党した。同時に参議院議員も辞職している。なおこの問題の時、親交がある石原慎太郎から「謝罪したらどうだ」と説得されたが拒絶した。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』