爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

立川談志

古典落語に広く通じ、現代と古典との乖離を意識しつつ、長年に渡って理論と感覚の両面から落語に挑み続けている。

立川談志について手塚治虫の熱烈なファンで、手塚本人との親交も深く、アニメ映画『ジャングル大帝』に声優として参加した。また、ブラック・ジャックの文庫本にもメッセージを寄せている。1992年、瀬戸内海のサ...
立川談志について談志の政治的ポリシーは強硬な保守系であり、在任中は特に共産党議員への野次に力を入れていた事により、共産党支持者の8代目林家正蔵と、談志の野次を聞きつけては喧嘩をしていた模様。政界を退い...
立川談志について三木内閣時代の1975年12月、沖縄開発庁政務次官に就任するが、就任時の会見で議員の選挙資金について「子供の面倒を親分が見るのは当然」と発言したことが問題化。政務次官初仕事である沖縄海...
立川談志について落語口演の活字化のほか、落語に関するエッセイ的な考察を多数著。談志襲名後間もない時期から著した『現代落語論』が代表作と言われるが、「落語」を分析した有名な言葉「落語は業の肯定」は、その...
立川談志について1969年に衆議院選挙に立候補したが落選。1971年の参議院選挙では、当時の全国区で50人中50位の最下位当選だったが、インタビューで「寄席でも選挙でも、真打は最後に上がるもんだ」とい...
立川談志について古典落語を現代的価値観・感性で表現し直そうという野心的努力は評価されているが、古典本来の持つ格調高さを損なう場合も有る。落語のほか講談、漫談をも得意とするなど、芸域は広い。自ら落語立川...