爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

饅頭こわい 1/3

 

立川談志について

 

古典落語を現代的価値観・感性で表現し直そうという野心的努力は評価されているが、古典本来の持つ格調高さを損なう場合も有る。落語のほか講談、漫談をも得意とするなど、芸域は広い。自ら落語立川流を主宰し、「家元」を名乗る。出囃子は『木賊刈』。5代目三遊亭圓楽、3代目古今亭志ん朝、5代目春風亭柳朝(柳朝死去後は8代目橘家圓蔵)と共に落語四天王と呼ばれた。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』