爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

饅頭こわい 3/3

 

立川談志について

 

落語口演の活字化のほか、落語に関するエッセイ的な考察を多数著。談志襲名後間もない時期から著した『現代落語論』が代表作と言われるが、「落語」を分析した有名な言葉「落語は業の肯定」は、その後の『あなたも落語家になれる』の冒頭の一節である。修業時代から生に接した有名無名の寄席芸人・俳優・歌手・ストリッパーなどの系譜に非常に詳しく、『談志楽屋噺』など芸能史を語る貴重な回想録もある。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』