爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

ツービート

ビートたけし(本名:北野武)とビートきよし(現・ビートキヨシ、本名:兼子二郎)の二人が組んでいた漫才コンビ。1974年に結成。主なネタは「ブスいじめ」「田舎者いじめ」「老人いじめ」等、いじめネタ、差別ネタが多く、ブラックユーモア漫才で人気を勝ち取る。

ビートたけしの、「わっ道具屋だ」という落語のPart2で、静止画となっています。「ツービート」についてたけしの毒舌スタイルは下積み時代、礼儀を知らない客を舞台から怒鳴りいじり、田舎者をバカにする師匠深...
ビートたけしの、「わっ道具屋だ」という落語のPart1で、静止画となっています。「ツービート」について流行語になった「赤信号、みんなで渡れば恐くない!」といったフレーズ等、ブラックユーモアが漫才ブーム...