爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

わっ道具屋だ 2/2

ビートたけしの、「わっ道具屋だ」という落語のPart2で、静止画となっています。

 

 

「ツービート」について

 

たけしの毒舌スタイルは下積み時代、礼儀を知らない客を舞台から怒鳴りいじり、田舎者をバカにする師匠深見千三郎の「ばかやろう、このやろう」の「心優しい、口悪い」のスタイルと、東京下町では口が悪いが腹は何もないカラッとした毒舌は日常的で、母の北野さきも似た語り口であった。つまり原点が全て出たのがこのスタイルであったと言える。コンビ結成当初はきよしがネタを考えていたが受けなかったため、やがてたけしが「一回でいいから俺にやらせて」と自分から要望しネタを考え初めてから以後ネタを担当するようになった。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

わっ道具屋だ 2/2関連ページ

わっ道具屋だ 1/2