爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

爆笑じゃあなる

 

「爆笑問題」について

 

太田は田中との比較において、絶対的な自信を持っており、田中への非難・痛罵を繰り返す。これはギャグの一つであり、名物とも言えるが、偏執的かつ長時間のものとなり、このようなことからコンビ仲が悪いと言われる事もあるが、ファンの間からは「お互いの信頼関係があるからこそ出来るギャグ」と評されている。太田の方が立場が強い様に見られるが、実際には短気な田中がすぐに解散を口にするので、太田が謝って収拾している。漫才のネタは、主に太田が作っている。時事ネタや、社会風刺を題材としたものが目立ち、「社会派漫才」等と呼ばれる。芸能人の活動の中心がテレビとなっている中、太田は「ラジオで笑いが取れる芸人になりたい」と、漫才への思いを表している。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』