爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

ザ・モノマネショー

 

「中川家」について

 

2001年、第1回「M-1グランプリ」では大本命というプレッシャーの中、初代チャンピオンとなった。その前後に本格東京進出。若手お笑い芸人ブームの初期に大ブレイクした。兄・剛の自己満足的ぼけを弟・礼二が汗をかきながらつっこむスタイル。正統派しゃべくり漫才で、「夢路いとし喜味こいしの後継者」と言われることもある。頼りない『兄』剛は、外見的にも身長が低く童顔で、おっとりしたボケであるのに対し、声も体も大きく「大阪のおばちゃん」的なしっかり者の『弟』礼二がツッコミであるという立場逆転の面白さもあると言える。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ザ・モノマネショー関連ページ

超合金