爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

お笑い,漫才,落語,動画

現代の落語界を代表する落語家の一人で戦後滅びかけていた上方落語の継承、復興への功績から「上方落語中興の祖」と言われている。


桂米朝について2012年8月、数え年で米寿を記念してサンケイホールブリーゼで「米寿記念 米朝展」を開催。会では石黒浩が制作した米朝アンドロイドロボットが公開された。語り口調は端正で上品。容姿も端麗で人...
桂米朝について2007年は芸能生活60周年(米團治に入門してから数えて)であり桂米朝を祝う会なども行われ、退院以来のトリで落語「将棋小噺」を披露した。2009年3月、医師から脳梗塞と診断され入院し、7...
桂米朝について一言に東奔西走といっても、地方においては昭和40年代(1965年 - 1974年)であってもなお、落語に対する理解は低く、米朝が高座に上がって落語を始めても、客からは「何を一人で喋ってる...
桂米朝について戎橋松竹で初舞台後、長年千土地興行(後の日本ドリーム観光)に所属し、千日劇場を本拠に道頓堀角座やうめだ花月に出演したが、1968年3月以降はフリーとなり、ホール落語、独演会、一門会を中心...
桂米朝について師・正岡の「いまや伝統ある上方落語は消滅の危機にある。復興に貴公の生命をかけろ」との言葉を受け、本格的に落語家を志すようになり、1947年9月に会社勤めをしながら米團治に入門。3代目桂米...
桂米朝について1944年2月の応召直後病に倒れ、病院で終戦を迎えた。この頃、橘ノ圓都が慰問で病院に訪れ出会うことになる。大学には復学せず、神戸市で会社員となり一介の落語愛好家として落語会や素人落語の上...
桂米朝について1996年、落語界から2人目の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、2009年に演芸界初の文化勲章受章者となる。1979年には帝塚山学院大学の非常勤講師。1925年、関東州大連普蘭...