爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

親子茶屋

 

桂米朝について

 

1944年2月の応召直後病に倒れ、病院で終戦を迎えた。この頃、橘ノ圓都が慰問で病院に訪れ出会うことになる。大学には復学せず、神戸市で会社員となり一介の落語愛好家として落語会や素人落語の上演会を主催するなど、上方落語復興に力を入れていたが、矢倉が3代目桂米之助となったことが縁で後に師匠となる4代目桂米團治に教えを請う機会が生じた。この時に「高津の富」を教わる。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』