爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

桂 枝雀

古典落語を踏襲しながらも人一倍の努力と類稀な天才的センスにより、客を大爆笑させる独特のスタイルを開拓する。

「時うどん」について知恵の働く兄貴分と少し足りない弟分が、夜道で屋台のうどん屋を見つけ、うどんを食べようとする。代金は16文だが、弟分は8文しか持ち合わせが無く、何だ、それだけか、と怒鳴った兄貴分も7...
「時うどん」について「時そば」の方が、マスメディアを通じて広く知られるようになったため、関西の若手落語家の中には、「時そば」とほとんど同じ内容で演ずる者もいる。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(...
「時うどん」について古典落語の演目、上方落語の一つで、江戸落語の「時そば」の原話になったとされるが、噺の内容はかなり異なっており、別の演目とするべきであろう。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(W...