爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

古今亭志ん朝

父志ん生のライバル8代目桂文楽は「圓朝を襲名出来るのはこの人」と言い、立川談志も、「金を払って聞く価値のあるのは志ん朝」と言っている。

古今亭志ん朝の、「酢豆腐」パート3/3です。
古今亭志ん朝の、「酢豆腐」パート2/3です。
古今亭志ん朝の、「酢豆腐」パート1/3です。
古今亭志ん朝の「元犬」のPart2 (2/2)です。
古今亭志ん朝の「元犬」のPart1 (1/2)です。
古今亭 志ん朝についてファンからは「朝(チョウ)様」と慕われ、父志ん生の破天荒さとは違う正統派の江戸前落語を得意とした。晩年、時間がない時などは決まって漫談「山田吾一」を高座にかけていた。自虐ネタで、...
古今亭 志ん朝について若い頃はテレビ出演も多く、喜劇俳優としての仕事もあったが、寄席を何よりも重んじて出演、独演会のチケットはすぐに完売という人気ぶりだった。古典芸能でもある住吉踊りを復興させたことで...
古今亭 志ん朝について3代目の死去に伴い、現在は空席。3代目は名人の誉れ高く、志ん朝の名跡を大きくしたため、志ん朝と言えば3代目を指す。3代目古今亭 志ん朝は、東京都文京区駒込出身の落語家。本名、美濃...