爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

 

古今亭 志ん朝について

 

ファンからは「朝(チョウ)様」と慕われ、父志ん生の破天荒さとは違う正統派の江戸前落語を得意とした。

 

晩年、時間がない時などは決まって漫談「山田吾一」を高座にかけていた。自虐ネタで、自分が俳優山田吾一と間違えられるサゲのこの演目は、志ん朝が最後に演じた演目でもあった。なお、この演目は志ん朝ファンからは「男の勲章」とも呼ばれている。獨協高等学校でドイツ語を学んだ経歴の持ち主で、外交官になるという夢もあり、弟子を連れて毎年大好きだったドイツへ旅行に行っていた。亡くなるまでドイツ語の辞書を大事に所持していたという逸話もある。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』