爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

ちりとてちん 1/5

 

「ちりとてちん」について

 

原話は、1763年『軽口太平楽』の一遍である「酢豆腐」。これを、初代柳家小せんが落語として完成させ、柳家小さんの門下生だった柳家小はんが改作した物が、「ちりとてちん」で、これは後に大阪へ「逆輸入」された。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』