爆笑ユーチューブ寄席 懐かしの名人芸

山遊亭金太郎

山形県小国町出身の落語家。落語芸術協会所属。本名:佐藤敏弘。出囃子は『金太郎童謡』。

三代目山遊亭 金太郎について1982年 - 二つ目昇進、師匠の前名、山遊亭金太郎に改名。1991年 - 真打昇進。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三代目山遊亭 金太郎についてさんゆうてい きんたろう 1956年6月4日生まれ1978年 - 2代目桂小南に入門、前座名は南てん出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「子別れ」について落語は、狭義ではサゲを伴う「落とし噺」(滑稽噺)と理解されることもあるが、実際の演目には人情噺、怪談噺なども含まれる。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
「子別れ」について広義での人情噺においては、構成は落とし噺同様枕、本題、サゲから成り、一席で完結するものも含まれる。題材は、人情噺同様、町人の世界を舞台にするが、親子愛、夫婦の情愛、江戸っ子ないしは浪...
「子別れ」について「子別れ」は、古典落語の人情噺の代表作の1つである。人情噺とは、落語の演目の中のひとつのカテゴリーで、一番最初に演じたのは朝寝房夢羅久だといわれている。くすぐりやサゲで笑いを取るが、...